上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NOKIA同様にBluetoothは必須となってきます。
結局日々使うのはBluetoothヘッドセットのみになってます。

ということでいつも通り、SONYのDRC-BT15をペアリングしてみます。
BluetootheHT-03A00001.jpg

ペアリングは至ってシンプル。
DRC-BT15のパワーを長押しし、端末側でスキャンするだけ。

音楽も問題なく聞けると思いきや、、、
ブツブツ音切れが…。
これまで信頼関係で結ばれていたDRC-BT15がこんな挙動を示すなんて
ということで何か他に原因があるだろうということで検証開始しました。

動くとブツッと音切れがするので、
電波?なにかの電磁波?パケット通信?という思いで考えると
「無線LAN!」ということで
BluetootheHT-03A00002.jpg
無線LANをOFFにしてみると、音切れが無くなりました!!
つまり、無線LANの再スキャンを行う時に音切れが起きていたようす。
確かに、住宅街での音切れが激しかった気がしてきました。

これでBluetoothでの音楽再生は問題なしです。

さらに、NOKIAで問題となっていた?
Bluetootheレシーバーが電池切れの際にミュートにならずに
本体から音楽が鳴り響く問題ですが、
HT-03Aでは、しっかりとミュートになってくれます。
なので、電車では電池切れを気にせずゆっくり寝ることも可能というわけです。
(なぜか1秒未満で音が出ますが、許容範囲です)
docomo HT-03AをSIMロック解除し、SoftBankで使用中。
今月に入りSoftBankでのパケット定額が確認できました。

一部では、パケット定額にはならないとのウワサもありましたが
今月請求分の料金明細にて確認を取ることができました。
もちろんパケット定額にするには、パケット定額フルである必要があります。
SoftBankならプロバイダーもいらないので気軽です。

それでは、設定方法です。

[設定]→[ワイヤレス設定]→[モバイルネットワーク]→[アクセスポイント名]
00001.jpg

00002.jpg

00003.jpg


[新しいAPN]を選択
(画像にはAPNがごちゃごちゃありますが気にせず)
00004.jpg

次の項目を正確に入力していきます。
[名前]:Open softbank
00005.jpg

[APN]:open.softbank.ne.jp
00006.jpg

[ユーザー名]:opensoftbank
00007.jpg

[パスワード]:画像を!
00008.jpg

[MMSポート]:8080
00009.jpg

ここまで設定が完了したら、
画面を戻し、今設定したOpen Softbankを選択。
00010.jpg

正常に設定ができていると、
上のアイコンに[3G]マークが表示されます。
これで、今後発売されるAndroid端末もパケット定額が可能ってことですね。

※SoftBankのサポート対象外となりますので、
 万が一パケット定額にならなかった等のトラブルが発生した際も
 ご利用者様の完全負担となりますので自己責任でご利用下さい。
HT-03AのSIMロックを解除してSoftBankで使います。

現在確認されているSIMロック解除の方法は、
SIMロック解除コードを生成し入力するというシンプルなもの。
※解除コードを生成するために料金が発生する方法です。

1.まず、解除コードを手に入れます。
 Unlock now!へアクセス

2.製造番号(IMEI)を入力、「Japan - NTT DoCoMo」を選択して[Order now]をクリック
 ※IMEIを間違えると解除コードが異なってしまうので必ず慎重に。
 WS000005.jpg

3.PayPalのページに自動的に移動するので、
 クレジットカード等の請求情報を入力していきます。
 WS000006.jpg


4.支払いの確認でしっかり内容を確認して下さい。
 ユーロの為替レートによって金額は変化しますが\2,411でした。
 WS000007.jpg

5.30分程でPayPalにて入力したアドレスへ
 解除コードが記載された「Your unlock code is ready」というメールが届きます。
 IMEIの下に書かれている、CODEが解除コードとなります。
 WS000008.jpg


では端末に移っての操作となります。
6.HT-03Aに他キャリアのSIMを挿し端末を起動します。
 解除コードを入力する画面が出るので
 メールに記載されたコードを入力し解除します。
 ht-03a_sim.jpg
 その後一回再起動を行います。

キャプチャ環境が整っておらず写真なので画質が悪いです。

7.画面に他キャリアのキャリア名が表示されるのを確認します。
 softbank_sim.png


8.発信の確認を行います。
 SoftBankであれば「11111」に電話をし、
 発信テストは完了です~。という内容のメッセージが流れれば
 SoftBank回線での通話ができております。

simロック解除端末でのパケット通信など詳細は検証中です。
かならず自己責任での利用をお願い致します。

簡単かつ早い方法として、Unlock now!での解除コード生成を紹介しました。
料金の発生する方法、かつ海外サイトですので安全性は定かではありません。
また、現行の法律では個人の範囲におけるsimロック解除は罰せられませんが、
simロックを解除した端末を販売することは法律違反となり罰せられる可能性があります。
HT-03Aの設定とかもろもろを妄想してみました。
まだ、端末が届かないので…

■SoftBankにてパケットも問題なく使用できるのか
おそらくOpen接続の設定をすることで定額になるのではないか。

■キャリアメールが使えないことへの対策
現在キャリアメールは一切人に公開せずに、PCメールを使用しています。
ただPCメールをキャリアメールへ転送することで疑似プッシュメールとしています。
なので、キャリアメールがないと瞬時にメールが受け取れません。

と思っていたら、GoogleケータイなのでGmailはプッシュメール対応です。
なので、転送先をGmailにすれば解決しそう。
さらにmobi+のPCメールはGoogleAppsで管理しているのでサーバーはGmailと同じ!
ということはPCメールが転送なしでプッシュメールになるのでは?

■Yahoo!ケータイにアクセスできない
この解決方法は…
ユーザーエージェントを偽装するブラウザでどこまでいけるか。
かなり厳しいと思います。

■音楽再生機能
NOKIAを一時休憩させるわけなので、
音楽再生は同等以上の性能が必要になってきます。
3.5プラグは使えなさそうなのでオプション購入もしくは、Bluetoothですね。
Bluetoothレシーバーの電池が切れた際にミュートに移行するかがポイント。

■絵文字対応
現状無理なのではないでしょうか。
一応iモードメールを送信するアプリがあるようなので
それをSoftBankでも使えるのか検証するとなにか見えるかも。

■無線LANアクセスポイント
肝心な機能を忘れていました。
この機能がないのは死活問題。
JoikuSpotに変わるアプリを探す緊急対策が必要。

端末到着まで待ちきれなくなります。
android




/管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。