上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年8月19日より月月割の
割引対象から基本使用料が対象外になりました。
これまでSoftBankを支えてきた8円ケータイが姿を消しました。

先日終了間近の8円ケータイを一括0円で購入してきました。
終了間近ということで、
店舗も最後のチャンスとばかりに「8円ケータイ無くなる前に!」
といったPOPであおっていました。
ただ、注目度は低い様子。

8円ケータイとは、
店頭にて端末代金を一括で購入することで
端末への補助として支給される月月割が
毎月の基本料金に摘要されることによって
ユニバーサル料以外支払いがなくなるというもの。
店頭一括した場合
基本料金(980円)-月月割(980円)+ユニバーサル料(8円)=8円
割賦契約にした場合
基本料金(980円)-月月割(980円)+端末割賦金(980円)
+ユニバーサル料(8円)=988円

といった具合に非常にお得な契約方法でした。
今後は、基本料金に割引が使えないので
毎月の支払いは988円で980円の無料通話があるというイメージになります。
これでは、docomo、auと変わらなくなります。

ケータイ販売員であった感覚からすると、
SoftBankは8円ケータイで2台目としての需要を獲得していました。
少なくとも店員は、契約数が欲しいので
彼氏がdocomoを持っているから
じゃぁ彼女用にdocomoを家族回線として!なんてすすめ方はしません。
SoftBankなら8円ケータイ。
2台持っても16円なら彼氏もSoftBankを買って家族回線にしましょ!
といって2台契約を獲得します。

これが、8円ケータイでなくなるとすると
勧めるメリットがなくなります。
ということは楽に契約を取りたいので
既に持っているキャリアの家族回線に切り替えて勧めます。
もしくはWillcom。

さらにauは指定通話定額が始まり、
家族回線を契約せずに24時間通話無料になるので
流れはauにあるように感じます。
特に学生は契約名義を別々にしたいものなので
学生の心をつかむのはauが得意なのでしょうか。

来月以降に結果がでてくると思います。
どうなることやら…
そしてまた契約数を増やしてしまった…
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック




/管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。