上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SoftBankのWホワイトに注意。
SoftBankの登録作業端末「GINE(ジニー)」の恐ろしさを知っていますか?

変な書き出しですが、
iPhoneSを購入する際にWホワイトに強制的に加入させられる
という話を耳にしたのでふと思い出しました。
 Wホワイトに入らなければ購入できないということは絶対ありません。
 プラン・オプションを強制することは代理店とキャリアの契約によって
 できないことになっています。あくまでもお願いでしかありません。


本題です。
今、ホワイトプランを使っていて機種変更をするとします。
店舗のスタッフがジニーにて機種変更の処理を行うと、
本人確認→機種の入力→プラン変更→署名→登録
という流れで進んでいきます。

問題なのがプランの変更画面。
普通の考えでは、
機種変更なのでプランは現在のものがそのまま反映されるべきです。
(docomoの「アラジン」・auの「ラピッド」はそうなります)

そこはさすが非常識SoftBank、
なんと、
機械がプランを強制的にダブルホワイトに変更してきます。

例えば、
「プランそのままで機種変更だけで大丈夫ですよね?」
なんて聞かれて機種の入力だけして
プラン変更の画面をさらっと流されてしまうと強制的にWホワイトになってしまうのです。
このパターンではスタッフは、
強制的に変更されたプランをホワイトプランに戻さなければならず
登録ミスが起こりやすいという問題もあります。絶対的に非常識です。

当然、さくっとホワイトプランに戻してやりますが。笑
こんなところにもSoftBankの無茶苦茶な一面が見えております。


ちなみに、
これについてSoftBankの営業に言ってみました。
「今までゆわれたことがない上に全体としても問題になっていないから問題ない」
だそうです。
やはり企業体質なのでしょうか。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック




/管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。