上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sportio water beatについてレポートしていきます。
前回もレポート記事を書きましたがより詳細です。
恐らく近いうちにシンプル一括0円端末として
全国的にお目見えしてくるのではないかと思うので、、、
参考までに。

すべてをタッチパネルにて操作しようとすると
とんでもなく大変なことになるのでその様子を画像で。

前提として、基本的なSHARPのソフトウェアに
タッチパネルをつけ、上手く行かないところには
専用UIを付けた機種であることを頭の片隅に…

待受画面にて1回タップすると、専用UIが登場。
 sportio_05.jpg
ここから右にスライドさせると数字キーが出てきます。
 sportio_01.jpg

基本的なソフトウェアは通常端末と同じなので、
専用UIを出現させ、同じようなキー操作をするしか方法がないのが露呈しています。


文字入力はなかなか良くできています。
 sportio_02.jpg
見た目以上に入力は簡単です。
出てきた予測変換をタップすると変換が完了できるので
そこは、通常機種よりも快適なところ。
絵文字も表示量が多いのでタップで選ぶという利点を生かせます。

カレンダーは操作が難しい典型。細かい操作は根気が必要です。

日付を直感的にタップして操作して行きたいところですが、
タッチパネル用に作られているわけではないので
数字が細かく、操作がなかなかできません。
 sportio_03.jpg
そしてタップがピンポイントでないと
画面下のような専用UIが出現します。
これが、通常機種の十字キーの役割をしてくれますが邪魔です。
スケジュールは見えなくなりますし、
操作方法が切り替わるので直感的操作ができなくなります。


細かい操作の難点は、次のような画面でも直面します。
 sportio_04.jpg
下方向へのスライドは簡単なのですが、
タブを横へ移動させるのは至難の技です。
モタモタしていると専用UIが出現して邪魔してきます。

EZアプリも困ることが多かったです。
例えばEZナビウォークを使用している時に
[2]を押すと現在地表示,[5]を押すとナビ中止
など数字入力が基本操作の一部となっていると
数字入力の専用UIを呼び出す必要があります。
専用UIを表示する為に画面をタップすると
地図がズームしたり移動したりと専用UIが全くでてこないので
最初からやりなおしという結果となります。
アプリがタッチパネル用になっていないので解決は難しいでしょう。

なかなか静止画で表現するのは難しいですが、
タッチパネルだけで操作できる範囲は非常に少ないです。皆無。
結果としてサイドキーにある十字キーとクリアキーを多用し
タッチパネルである必要があるの?という感じになってしまいました。

■数週間使用して感じたこと
  タッチパネルを採用するのであれば
  すべてのタッチパネル専用に作り込むという意気込みがないと難しいですね。
  
  タッチパネルは補助的役割と割り切りサイドキーを基本として使うしかない。


まだまだタッチパネル機種が出てきたばかりですので
進化の途中にある端末ということで今後に期待します。
それにしてもiPhoneは作り込まれてますね。
スポンサーサイト
Sportio water beatを使い始めて半月が経ちました。

使い勝手は非常に悪いの一言です。
自分の中でのタッチパネルはiPod。
iPodtouch,iPhoneのデキがよいと言った方がいいのでしょうか。

iPhoneの操作性が非常に直感的なのに対し、
Sportioはいちいち考えなければなりません。

悪い具体例は、
戻る操作です。
iPhoneなら右側から左側になぞるだけ。
Sportioだと、右サイドにあるクリアキーを押す。
といった感じ。
つまりすべてが
タッチパネルで解決しないということ。

日本の携帯に
無理矢理タッチパネルをつけたといった印象。
タッチだけでは事足りない時に専用UIが突如あらわれます。
これがイライラします。
作り込みが甘いのを無理矢理専用UIを起動することで
どうにかごまかしている感じ。

これは売れませんね…。
ちょっと期待したのですが。
(この期待iPhoneが小さいというイメージでしたので
 無惨に散る結果と)

良い点もあげときます。
小さいのに液晶がでかい。
(タッチパネルだからこそなせる技)
防水は初めてだとテンションアップです。
以上。笑


いつ解約するか検討中。
本日、au Sportio water beat購入。

Sportiowaterbeat_white.jpg


シンプル一括0円です。
月末なので大特価!!店頭価格は一括 4万4640円。
ソーラーフォンと迷ったのですが、
ソーラー発電を使ったら満足してしまいそうなのでSportio water beatに。

タッチパネル・防水ワンセグ・おサイフケータイで普段使うことがない機能ばかり。
かつNOKIAには今後追加されない機能なのでここら辺は国産端末の強さ?
すぐ飽きてしまうのですが…。

日曜日に届くのでしばし待ちです。

追記
Sportio water beatはSHARP製なんですね。
前回のSportioを使用していたので東芝製のイメージでした。
iidaのようにSportioというブランドなんですね。
ITmediaをみていたら、
まさかの“圏外”――GW商戦で苦戦するauという記事を発見。

満を持して発売したG9が売れてないってことだろうと思いつつ、
読んでみたらひねりもなくそのままでした(笑)

GWを含むランキングでは半数以上が
特価商材で埋め尽くされていました。

端末の回転が早いauでは、
G9は今後は売れない端末になるのではないでしょうか。
かつてのINFOBARのように…
そして、特価機種となっていく。。。
なんて思いつつ、

本日、ケータイショップを見てきました。
iida G9
↑店頭のディスプレイの様子。ぼかし多くてすみません。

気づくポイントとしては、
①ディスプレイが変
②既に価格が下がり始めている
③お店として売りたい機種ではない
というあたりでしょうか。

①について。
ディスプレイが変というのは、
auに問題があります。このiidaシリーズに関しては
ディスプレイを細かく指示しているそうです。
普通、同じ機種であれば横にカラー展開をします。
ただ上の写真は縦にカラー展開がされています。
これがauの指示らしいです。
同じ機種というイメージがつかず、
一つ一つが切り離されているように感じました。
如何ですか?

②既に特価機種
残念ながら、
既に価格が下落し始めています。
通常、一括で45960円
のところ19,280円(細かい)
おそらくもっと安い店は存在すると思います。
逆にG9よりずっと前にでているW63CAやS001は
特価機種の対象となっていないところを見ると
やはり、頑張った結果ダメだったという印象をうけます。

③売りたい機種ではない?
これは、店員さんと話したことと、
売場の構成から感じたことで推測です。
“一応”新機種なのでスペースは取ってますが
入り口に一番近い目立つところには、
W63CAやW65TなどG9より前に発売された機種が並んでいます。
あと店員として、
今でも高スペックを求める人は多いので
スペックが分かり易い方が売り出し易いということも大きいと思います。
携帯を販売していて感じたことですが、
ケータイを買うときに
「絶対この機種」と決めてお店に来る人は10%程と感じました。
なんか変えたい,これかこれかこれ,
といった感じで最終的には店員と相談をして決めます。
(ケータイ好きからすると考えられないのですが現実はそうです)
その時に店員が売りたい(売りやすい)と
感じるかどうかは結構重要なのかなと。

と、G9は少し残念な結果となってしまっています。
キャリアが頑張るとなぜこうなってしまうのでしょうか。
シャア専用ケータイGLAMOROUSケータイ・iPhoneそしてG9
と最初は高値で売られ、最終的には最も安いケータイとなってきています。

キャリアはコンセプトモデルを
価格を下げるべきではないのでしょう。
最初にお金を出して購入した人は、
そのデザインやモデルにお金を出したので
そのデザインに惚れた人を裏切る形になり、
結果コンセプトに対する対価としての出費ができないユーザーが増加する。
そしてコンセプトモデルが売れなくなるのではないでしょうか。
(いまでも、SoftBankから特殊な機種がでれば
 スパボ一括になると確信を持てるぐらい(笑))

あとは、G9に関して言えば
メーカーが自分が作ったということを主張できないのも
好きではありません。
auのデザインプロジェクトはそういう方針みたいですが。
その端末を使用してファンになったユーザーは
どこにその気持ちをもっていけばいいのでしょうか。
NOKIAがそんな形で出されたらいやですね…。
今後、日本でもSIMフリー化されたとき
メーカーもキャリアにくっついていればよいという時代は終わります。

今後、docomoの夏モデルでのエヴァ携帯(SH-06A)が
どうなってくるのかが楽しみです。
docomoのこれまで販売したコラボモデルは
N906iμサマンサタバサなど人気があったので、
どういう手法でくるかが期待できます。
ウワサでは、1000万画素(もしくは800万画素)で防水とか…
コンセプトモデルなのに高スペック。
早くもau・SoftBankとは違う取り組みを感じられます。
あくまでもウワサですが…。
ふと、思ったのですが、
auのE30HTのICカードロックはどの処理されているのか?

ここからいきなり大幅に本題からそれます。
これまで発売されたauの端末には、
ICカードロックがかかっており(SIMロックとは違います。)
他人のau端末にSIMカードを挿しても使うことが出来ません。
docomo・SoftBankでは、SIMカードを差し替えることで
誰の端末であってもキャリアが同じであれば使えます。
auはICカードロックをかけSIMの差し替えだけでは
他人のケータイを使えなくし不正利用や白ロムが出回るのを
抑制しようとしていると考えられます。
そういうことに力を注がずに、
通信方式を他キャリアと合わせることに注力して欲しいですね。
注力しないといつか置いていかれるのはauなのですが…。

ICカードロックの仕組みとしては、
店舗在庫としてある端末はまったく起動できないように
PINロックというものがかかっています。
①開通すると店舗へPINロックナンバーが通知され
 端末のロックを解除します。この段階で初めて端末の起動が可能。
 この次点では、ICカードロックはかかっていません。
②次に、契約しているSIMカードを挿し電源を入れます。
 ここではロック解除等はなく普通に電源が入ります。
 ここで初めてICカードロックがかかります。
通常は、①と②を同時に行い開通確認をします。

PINロック解除をしただけの端末に、
他人のSIMカードを挿してしまうと登録ベースでは自分の端末が
他人のSIMでしか起動しなくなります。
つまり、契約端末と契約SIMカードという紐づけではなく
最初に挿したSIMカードとその端末という紐づけになります。
これを知った上でなにかお得な使い方を考えてみました。
ありませんでした(笑)
例えば、
auを契約している人が、新規契約の特価機種を
契約し即解(短期解約)し、既存の番号に対して機種をのせかる場合
通常であれば解約した端末(今回新規で購入した端末)を
auショップに行って2100円の事務手を払いICカードロッククリアをした上で
既存番号と新機種をひも付けをすると思います。
この場合先ほど書いたICカードロックの原理を使うと、
新規契約した端末に店員さんが新規契約SIMカードを挿す前に、
自分の既存番号のSIMカードを新端末に挿せば、
auショップにいく必要がなくなり、2100円はかからなくなります。
といったぐらいしかお得な使い道が思いつきません。
うえの例は実際に使えます。
ただ、auの場合新規開通の契約数のカウントは、
開通後の発信テストの着信履歴でカウントされるので、
挿す場所を失った新規契約のSIMカードは発信テストを
実施することができないので、お店の契約数にならないので
新規でSIMを挿さずに渡してくれる
優しい店員さんは恐らくいないのではないかと思います。


ぐだぐだICカードロックの説明と称して細かいことを書いてしました…

で、本体のE30HTのICカードロックを調べてみると
どうもICカードロックはかかるようです。
わざわざWindowsMobileが
そのような仕組みを取り入れたということでしょうか。
先ほどの説明に書いたPINロックというのもかかっているのでしょうか。
auで発売する為に他キャリアと違い特殊なauに
合わせるべく様々な仕様を生み出したかと思うと大変ですね。
そこまでして売れる端末でもないような気がしてならないですが…

E30HTのICカードロッククリアは、
店頭では行えず、預かり修理扱いになるという噂もあります。
真偽のほどは定かではないですが。

さらに、E30HTではCメールの受信しか行えず、
Ezwebメールすら使えないという
個人ユーザーがとっつきにくい端末です。
多くの制限つきで個人ユーザーにどこまで拡がっていくのでしょうか。

その点、SoftBankはSメール・絵文字に対応,
プロバイダ契約が不要などとても個人ユーザー向きだと思います。
auの使い勝手の悪さが、
スマートフォン全体のマイナスイメージにならないといいのですが…




/管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。